FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
見栄張りの晩餐会
2007-12-20 Thu 12:43
そして、とうとう、メーオの家族と主要親族との食事会の時間となった。
私とメーオは、一番最後に到着したようで、会場となるレストランでは、もう食事会が始まっていた。
私は、「どのような視線で、みんなに見られるのか?」と、かなり緊張していたのだが、意外にも、メーオの親族の方々は、私を温かく迎えてくれた。
メーオに教えてもらった、タイの挨拶である「ワイ」を、私のほうから積極的にしたからかもしれない(笑

そして、一番の鬼門である、メーオのお父さんだが、これもまた、意外なほど気さくに私を迎え入れてくれた。
メーオのお父さんは、かなりタイの訛りがひどい英語を話した。
とくにタイ人特有の、時間による動詞変化を使わない英語を話すので、現在の事を話しているのか?過去の事を話しているのか?わからない時が多々あってかなり困った。
そんな困っている私を、メーオは横目で見ながらクスクス笑っていたが、私は、メーオのお父さんにいい印象を与えようと、全神経を耳に集中し、メーオのお父さんとのコミュニケーションを続けた・・・

メーオの親族の方は、年配の方でも英語をそこそこ話す事ができ、私としては非常に助かった。
ただ、コミュニケーションが取れるという事は、私とメーオの関係も根ほり葉ほり聞かれるという事でもあった。
私の事を根ほり葉ほり聞かれるのはまだいいが、二人の出会いなどを聞かれるのは、本当に困った。
まさか、「売春をしていたメーオのお客として知り合いました!」なんて言うわけにもいかないので、このあたりは、前もってメーオと話を合わせておいた・・・

今思えば、本当に笑い話だが、なんとメーオは、お父さんと親族の方々に、アメリカのサンフランシスコに働きに行っていると嘘をついていたことがわかった(驚
メーオが日本にいた時、世界時計を見て時間を考えながらタイに国際電話をかけていた理由が改めて分かった(苦笑
そんな大それた嘘をつくメーオもメーオだが、それを信じていたメーオのお父さんと親族の方々には、もっと驚いた(笑
まあそんなこともあり、私とメーオは、サンフランシスコで出会った事になっていた。
ただ、メーオの親族の中に、サンディエゴの大学に留学していた人がいて、その人から、色々と西海岸の昔話をされたのは、ちょっとつらかった。
しかし、以前プロジェクトでサンフランシスコに飛ばされた事があったので、その時の知識をフル活用して、その方の質問をすべて乗り切った。
その当時は、苦痛の何物でもなかった海外出張の経験が、こんなところで役に立つなんて、本当に人生とはわからないものである・・・

そして話も進んでいくと、恐らく出るであろうと思っていた質問が、親族のおばちゃんから飛び出した。
「2人は結婚するの?」
その質問に、メーオの親族たちは、待ってましたとばかりに歓声を上げたが、私、メーオ、そしてメーオのお父さんは心から笑えてなかった。
とりあえずメーオが、「まだわからないわ!」とだけ答えてその場はおさめたが、私とメーオのお父さんは苦笑いをするしかなかった・・・

そんな感じの食事会もやっと終わり、私、メーオ、そしてメーオのお父さんは、メーオの家(正確にはメーオのお父さんの家)に帰った。
メーオのお父さんは、少々酔っぱらったようで、自分の部屋に戻りさっさと寝てしまった。
メーオのお父さん、そして親族からの質問攻勢にちょっと辟易としていた私は、ソファーに深々と腰掛け、解放感から深いため息をついた。
メーオも少し疲れたようで、私の横に腰をおろし、私の肩におでこを乗せ、ちょっと休んでいるようだった。

私は、おもむろにでTVをつけ、TVから流れてくるタイの番組をBGMにしながら今日の事を考えた。
「恐らく、メーオのお父さんや親族に、いい印象は残せただろう・・・」
「これだけでも、メーオに会いにわざわざタイに来た価値はあった。」と思った。
後は、私とメーオで今後の事をきちんと話し合えば、今回の訪タイの主要な目的は終わる。
問題は、「そのことをメーオといつ話し合うか?」というタイミングだけ・・・
なので、できるなら、メーオと二人きりになれる時間がほしいと思っていた。

そんな事を考えていると、メーオが、「明日からは、フアヒンというところに行くからね。」
「フアヒンは、私が好きなリゾート地なの。」
「静かでいいところだから、二人でゆっくりしましょう。」と言ってきた。
「フアヒン?」
聞いたこともない場所に、私は少々戸惑ったが、メーオと二人っきりになれるまたとないチャンスだと思い、即、「わかったよ!」とだけ伝えた。
私の即答に、メーオは優しい微笑みを返し、「それじゃシャワーを浴びて寝ましょう。」と言った。

それから私たちは、別々にシャワーを浴び、そして別々の部屋で就寝した。
もちろんメーオの家で、「同じ部屋でメーオと一緒に寝よう!」なんて考えは毛頭なかったのだが、やはりメーオが近くにいるのに別々に寝るのは、ちょっと寂しいものがあった。
寂しさから寝付けないでいた私は、フアヒンというリゾート地で、メーオと過ごす楽しい時間の事を色々と考えていたのだが、いつの間にか深い眠りに落ちて行った・・・
別窓 | タイ編 | コメント:4 | ∧top | under∨
<<冷たい激情 | 黄金町の天使 | 心イタイ>>
この記事のコメント
うぅ…
今日の明け方に一気に読ませて頂きました。
不覚にもタイ帰国&国際電話の描写ではうるっ…ときてしまいました。恐らくラストに向かって涙なしでは見れなくなるのかな…

今、メーオに恋してます(笑
真面目で芯が真直ぐな性格なのに、すごいフェミニンで可愛らしくて、魅力的ですね。
お忙しいようですが、更新お待ちしております。
2007-12-23 Sun 15:04 | URL | まゆみん #xXQZV7.U[ 内容変更]
まゆみんさんへ
メーオに好意を持っていただいてありがとうございます。
私事都合により、最近更新をすることができませんが、時間を見つけて、また再開させます。
温かいコメントありがとうございました。
2007-12-27 Thu 12:28 | URL | Koganeangel #-[ 内容変更]
すっげー
一気に読みましたが続きが気になります。
2007-12-28 Fri 16:35 | URL | ぽー #RZ4X6psw[ 内容変更]
ぽーさんへ
ありがとうございます。
続きは、もうあまりないですががんばって更新します。

2008-01-06 Sun 15:09 | URL | Koganeangel #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。