FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
一元さん
2007-07-14 Sat 00:38
黄金町で働く女性は、お得意様を確保するために、カモの男性(運がよければ気に入った男性) には携帯の電話番号を教える。
しかし、私は、メーオから携帯電話の電話番号をもらってはいなかった。
その時点までは、私はメーオからしてみれば、たまにしか来ない一元さんにしか過ぎなかったからだ・・・

しかし私は、どうしてもメーオの電話番号を知りたくなった。
まずは、お得意様のお客様になろうと考えたのだ。
いつものように彼女と遊び、服を着替え終わった後、思い切って彼女に電話番号を聞いた。
すると、彼女はすごく困ったような顔をした。
その行動は、私を困惑させるのに十分だった。
せっかく、カモになる男性が増えるのに、それを拒否するなんて、「それほど私は、重要ではないお客さんなのか?」とすごい悲しい気持ちになった・・・

メーオにしてみれば、私の事を、「たまにお店に来てくれる分には問題ないが、携帯の番号を教えるほどのお客ではない。」と考えたのだろう。
ともすれば、「今後、ストーカーに発展しかねない。」と、警戒をされていたのかも知れない。
しかし、それは当り前のことである。
何か問題が起こっても、誰も助けてくれない状況に置かれている彼女たちは、そういうセンサーを、必要以上に働かせていたからだ・・・

私は、何とかその重苦しい雰囲気を打破しようと、「嫌ならいいよ。」と努めて明るくふるまったが、それでも、メーオは、困惑とも警戒とも取れる表情を崩さなかった。
しばらく、無言のまま、お互い洋服を着ていたが、メーオが、やっと重く閉じた口を開けた。
そして、メーオも、この重苦しい雰囲気を打破しようと考えていたのだろう、なんとも奇妙奇天烈な折衷案を口にした。
「私のタイの携帯番号なら教えてあげる・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか、あまりに間抜けな折衷案過ぎて、私はその場で大笑いしてしまった。
私につられて、メーオも大笑いし、その時の嫌な雰囲気からは、うまく脱却することができた。
しかし、結局は、メーオから、日本の携帯番号を教えてもらうことはできなかった。
そこで、この時に私は決心した。
「絶対、メーオのお得意様になってやる!」と・・・

志はとても低いのだが、とにかく、私はその時、そう決めたのである・・・
別窓 | 微妙な二人編 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<お得意様昇格 | 黄金町の天使 | ポリシー変更>>
この記事のコメント
ユニークな娘ですねぇ!
しかも きっととても美しい娘な感じがします(^o^)
更新がんばってくださいね!
2007-07-14 Sat 04:56 | URL | リオ #-[ 内容変更]
リオさんへ
このような仕事をはじめて、まだ日が浅かったので、お客のあしらい方に慣れてなかったんでしょうね。
天然だったという部分も少なくありません(笑
メーオはかわいかったですよ。
他の人がどう思っていたか、そしてどう思うかはわかりませんが、今でも私にとっては、世界一、きれいな女性です。
外見だけじゃく、心も。
2007-07-14 Sat 13:51 | URL | Koganeangel #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。