FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
初店外デート
2007-07-16 Mon 00:15
電話番号を教えてもらった私に、彼女は、「これから遊びに来るときは、前もって電話してね!」と言った。
つまり、「私は一元さんじゃないから、予約してくれれば、私の好きな時間に遊べる。」と言うことを強調したのだ。
私はその言葉に、少々気分を良くした。
男とは単純な生き物である・・・

事実、前もって電話しておくと、その時間に必ずメーオはいったんお店を閉めて待っていてくれた。
そしてお店の前で電話をすると、満面の笑みを浮かべながらカーテンを開けてくれるのが、たまらなくうれしかった。
高々、1時間という、メーオとの時間だが、本当に楽しかった。
1時間なんて、私が会社に行く、通勤時間よりも短のだが、そのメーオとの1時間の為に、毎日を生きているようなものだった。
あんなウキウキとした気分は、もう二度と感じることはできないのだろう・・・

ある日、いつものように、メーオの店を後にして、現実の世界である私の家に戻るために、伊勢崎町モールを歩いていたのだが、いきなりメーオから電話がかかった。
電話番号を教えてもらってはいたが、電話の内容は、予約の電話だけだったし、私が一方的にかけるだけだったので、彼女から電話がかかってきたのには、ちょっとびっくりした。
いきなりの電話に驚いた私に対して、メーオはいつもと同じ調子で、「今日は、もう仕事が終わりだから、今からご飯を食べにいかない?」と聞いてきた。
私は、その申し出に、速攻、「OK!」と答え、伊勢崎町モールから、メーオのお店まで、ダッシュで戻っていった・・・

お店では、仕事着ではないメーオが待っていた。
普段着のメーオは、日本人の大学生と変わらない感じに見えた。
お店ではかなり色っぽく見えるのに、こうも変わるものなのかと驚いた。
でも、普段着のメーオも綺麗だった・・・

メーオに、「何を食べたいか?」と聞くと、すぐさま、「カニ!」と答えたので、そのまま、みなとみらいの「チャンドラーズクラブハウス横浜」に行った。
そこでダンジネスクラブを食べながら、メーオの事を色々と聞いた。
まだメーオはプライベートの深い部分までは話さなかったが、さしさわりのない範囲でのメーオの事を教えてくれた。
たったそれだけのことだったが、私はとても満足だった・・・

そして、食事も終わり、メーオを、マンションまで送っていく途中、メーオは、「ミークワムスック」と言って、私の頬にキスしてくれた。
「ミークワムスック」とは、タイ語で「幸せです。」という意味だと分かったときは、「リップサービスさ!」と自分に言い聞かせながらも、天にも昇る気持ちだった・・・
別窓 | 微妙な二人編 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<恋の呪文 | 黄金町の天使 | お得意様昇格>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。