FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
商品
2007-08-01 Wed 11:51
メーオにはとても仲の良い友達がいた。
彼女の名前は、順子ちゃん。
もちろん源治名で、本名は知らない。
順子ちゃんは、メーオのお店がある区画の入口のところで働いていて、私がメーオのところに遊びに来ると、冗談で、「3Pしない?」と、いつも私を茶化していた。
その順子ちゃんの誘い(誘いと言っても、順子ちゃんは本心じゃないのだが)をすり抜けて、メーオの所に行くのが、大げさだが、私にとって、ちょっとした儀式のようになっていた・・・

順子ちゃんは、素朴な田舎臭さが残った女性で、お世辞にもかわいいとは言えなかった。
持ち前の明るさがなければ、あまり日本人男性は寄り付かないタイプの女性であった。
それこそ、黄金町に来た当初は、初もの好きなお客さんが付いていたようだが、2・3か月もたつと、あまりお客さんもつかないようになっていたようだった。
黄金町で働いて、お客がつかないとうことは、月単位で、莫大な借金が膨らんでいくという事を意味する・・・

しかし、ある時、私がメーオのお店に行くと、その日は、順子ちゃんの「3Pしない?」攻撃がなかった。
正確に言うと、順子ちゃんのお店には、別の女性が働いていた。
私は、「順子ちゃんは病気なのだろうか?」と勝手に推測し、メーオのところに行った。
順子ちゃんの「3Pしない?」攻撃は、最初のころは、うっとうしく感じていたが、いざ無いとなると、それはそれでさみしいものだった(笑
順子ちゃんに笑わしてもらい、笑顔でメーオに会いに行くというロジックが、私の中には既に出来上がっていたのだろう・・・

そしてメーオと遊んだ後、何気なく、順子ちゃんのことをメーオに聞いた。
私としては、勝手に順子ちゃんが病気で休んでいると思っていたので、順子ちゃんの容体が心配だったからだ。
しかし、メーオからは、私が想像もしてなかった言葉が返ってきた・・・
「順子ちゃんは、別のお店に売られたみたい。」
「昨晩、嫌がる順子ちゃんを、東北のママさんが連れて行ってたから。」

・・・・・・・・・・・・・・・・

順子ちゃんは、メーオと同じママさんが、タイから連れて来ていたのだが、あまりお客がつかなかったので、黄金町ではなく、東北の方のスナックに売られていったそうだった。
黄金町は、都心部と言う事もあって、それなりに洗練された女性がいたので、順子ちゃんのような素朴な田舎臭さが残った女性は、田舎のスナックの方が良いと判断されたそうだ。
そこで、メーオのママさんと、東北部のママさんお間で、順子ちゃんの売買が成立したらしかった・・・

どこに行こうが、彼女達の仕事内容は同じなのだが、田舎のスナックでの対応は、コンドーム無しでの Sex がデフォルトのようで、黄金町のタイ人女性たちは、たとえアルバイトでも、東北のほうに行かされるのを嫌がっていた。
「私たちはしょせん商品だからね。」
「借金を返すまでは、私たちが意見を言う余地はないの・・・」
メーオは、私の眼をじっと見ながらこう言った・・・

今でも思うのだが、なぜこの時、メーオはじっと私の眼をのぞきこんだのだろう?
私の表情から、何を読み取ろうとしたのだろう?
当の私は、事のインパクトが大きすぎて、ただボー然と、立ちすくんでいただけだったのに・・・
別窓 | 微妙な二人編 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<離婚協議 | 黄金町の天使 | オーバーステイ >>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。