FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ホテトル
2007-08-12 Sun 13:55
メーオは、ママさんのマンションを出たのだが、ママさんの管理下にいることには変わりなかった。
ママさんからしてみれば、メーオは大事な商品。
その商品が、元を取る前に、警察にでも捕まって、タイに送り返されようものたまったものじゃない。
ということで、ママさんは、毎晩、8時以降に彼女が外出してないか、チェックしに来ていた・・・

私は、メーオが引っ越しして以来、お店に行く事はなくなった。
要は、メーオの新しい部屋が、私が遊ぶお店になったのだ。
そのおかげで、あの汚いお店で、衛生面を気にしながら Sex をすることはなくなったし、他のお客さんとは少し違うシチュエーションで Sex できるようになった事が、何となくうれしかった・・・

そんな関係がしばらく続いたある日、メーオの部屋で遊んだあと、身支度をしていると、メーオもまた、外出の用意をし始めた。
私は、「これからどこかに出かけるの?」と尋ねたところ、「ママさんに呼ばれているの。」とメーオは答えた。
「何か問題でも起こったの?」と聞くと、「詳しことは分からないけど、ママさんが、お客さんを紹介してくれるらしいの。」という事だった。
どうも、ママさんの友人で、メーオの事をすごく気に入った人がいるらしく、その友人が、メーオとのデートを申し込んできたらしかった。
簡単に言えば、ママさんは、ホテトルの斡旋のような事もしていたわけである・・・

お店だろうが、ホテルだろうが、やることは結局一緒なのだが、私は、なぜかこの事に対して、猛烈な嫉妬を感じてしまった。
多分、私以外にも、お店以外のシチュエーションで、メーオを抱ける輩がいることが、すごく悔しかったのだと思う。
しかし、私にはその行為を止める権利もないし、また、メーオも、ママさんの命令を断ることはできなかった。
私ができることは、メーオをママさんが待つ場所まで送り届けることだけだった。
ママさんが待つ、若葉町のスナックまで、私とメーオは無言だった。
私は嫉妬から黙り込んでしまったし、それを感じ取ったメーオも黙り込んでしまった・・・

そして、お店の前につくと、ママさんが腕組みして待っていた。
メーオが着くなり、厳しい口調のタイ語でメーオを叱りつけると、私を睨みつけ、メーオをスナックに引きずり込んでいった。
ドアが閉められる時、メーオは、精一杯の笑顔を作り、嫉妬で大人げない一面をのぞかせていた私に手を振ってくれた。
メーオは、私の何倍も、大人だったのだと思う・・・

しかし、私は、嫉妬の炎を抑えることができず、そのまま黄金町に行き、南米系女性と遊んでしまった。
メーオと出会ってから、他の黄金町の女性と遊んだのは初めてだった。
しかし、遊び終えた後、ただただ、虚しさを感じる自分がいた・・・
別窓 | 微妙な二人編 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<契約 | 黄金町の天使 | 初めての喧嘩 Vol.2>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。