FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
小さな希望
2007-08-18 Sat 17:07
ある日、メーオの部屋に行くと、メーオが、「お願いがあるの。」と言ってきた。
そのお願いとは、タイにあるメーオの口座に、お金を送金してほしいということだった。
そしてメーオから渡されたお金の金額は、90万円だった。
メーオは、稼いだお金のほとんどを、ママさんにとられているはずだから、その中から、ほんの少しずつ、売上をごまかしながら、貯めて行ったお金なのだろう。
そのお金の、物質的な重み以上の重みを感じながら、私はメーオからお金を受け取った・・・

その時に、メーオは自分の銀行の口座番号とメーオの本名を教えてくれた。
はじめて聞くメーオの本名は、日本人の私には、とても難解な名前だった(笑
メーオは、「私の本名を知っている日本人は、あなた一人なんだからね!」と、恩を売るかの様に、私に威張るようなしぐさを見せた。
私はそのお金を受け取った時、メーオに、「なぜ体を売ってまで働いているのか?」という、通常、風俗で働いている女性にはタブーの質問をしてみた・・・

なぜ、そのようなタブーの質問したかと言うと、私は、メーオは、体を売って稼いだお金を、タイにいる家族に送金しているのだと思っていたのだが、ある日、メーオの家族や実家の写真を見せてもらったことがあったのだが、そこに映っている家や家族の身なりや暮らしぶりは、そこそこ裕福なものに見えた。
それに、メーオは、大学も卒業していたようだし、留学経験もあるみたいだったので、とても貧困から体を売っているようには思えなかったからだ・・・

その私の質問に、メーオは、首をすくめながら、「バンコクに私のお店を出したいの。」
「バンコクでもそこそこの暮らしはできるけど、私は、もっといい暮らしがしたいし、自分の力で、自分のアイディアをビジネスにしてみたいの!」と、目を輝かせながら言った・・・

私は、その回答に、「安心」と「失望」を感じた。

「安心」を感じたのは、メーオは、「黄金町でのゴール設定を、きっちりしている。」と思ったからだ。
貧困から、自分の体を売っているなら、それこそ、ゴールは、ほぼ無限になってしまう可能性があったわけだが、少なくとも、そういう事態には陥らないという事が解っただけでも、この質問をした意味があったと思った・・・

「失望」を感じたのは、「そんなに安易に、自分の体を売れるものなのだ。」と思ったからだ。
自分の目標を達成するためと言えば聞こえはいいが、あまりに短絡的過ぎると思った・・・

しかし、なにはともあれ、メーオが仕事を辞めるタイミングが分かった事が、とてもとても小さいけれど、二人にとっての希望になるようにも感じていた・・・
別窓 | 微妙な二人編 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<契約開始 | 黄金町の天使 | 契約>>
この記事のコメント
更新楽しみにしています♪
はじめまして、ブログランキングでこのブログを知って
読むようになりました。コメントは初めてですが
いつも更新楽しみにしています。
メーオさんとのこれからの行く末、どうなるのか
楽しみです。
2007-08-20 Mon 16:24 | URL | まぃ #-[ 内容変更]
まぃさんへ
はじめまして。
更新がんばります。
ありがとうございます。
2007-08-20 Mon 18:26 | URL | Koganeangel #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。