FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
営業再開
2007-09-22 Sat 08:03
とうとうこの日がやってきた。
働き者のタイ人女性のメーオにとっては、一日千秋の思いで待ちわびた日。
私にとっては、できることなら回避したかった日である・・・

メーオは、今まで昼までダラダラしていた生活をしていたのだが、この日は、朝の7:30の目覚ましが鳴ると飛び起きた。
そしてテキパキと身支度を済ませ、昨日、川崎大師で購入し、部屋に飾ってある、
「身代守」
「厄除御守」
「開運御守」
のお守りに、熱心にお祈りを捧げていた・・・

本当は、「商売繁盛」のお守りを、メーオは購入したかったようだが、「商売繁盛」のお守りは、川崎大師には売っていなかった。
私は、「冬になったら、横浜橋で酉の市があるから、そこで商売繁盛のクマデを買おうね。」とメーオに言ったのだが、さすがに先のことすぎて、メーオには不満のようだった。
そこでメーオは、当面の間は、「商売繁盛」に関しては、タイ人が愛してやまない、ラーマ 5世様を、神様とするようにしたようだった(笑

ラマ5世

まあ、タイ人にとっては、神様と同じぐらい崇められている方なので、何らかのご利益はあるのだろう・・・

そして、メーオは、一通りお祈りをした後、「カス、夜の7時には帰ってくるね!」と言い残し、仕事に行ってしまった。
ちょっと歩けば、会いに行けるぐらいの所で働いているのだが、私は、実際の距離以上に、メーオとの距離を感じていた。
そして、何も考えない為に、もう一度布団に潜り込んだ・・・

すると、突然ドアが空き、メーオが部屋に駆け上がって来た。
メーオは、「カス、忘れもの!」と言い、私にかなりハードなキスをしてきた。
そして、
「カス、心配しないでね。」
「これは仕事だからね。」
「私の心は、カスだけのものだから・・・」
といい、もう一度私に軽いキスをして、あわてて出かけて行った・・・

その後私は、「私の心は、カスだけのものだから・・・」というメーオの言葉を、頭の中で、何回も何回も反復しながら、一人ぼっちになった部屋で、だらしない笑顔を浮かべていた・・・
別窓 | 同棲生活編 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<久しぶりの喧嘩 | 黄金町の天使 | 願かけ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。