FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
後門の狼
2007-11-06 Tue 12:40
ある晩、私とメーオがぐっすり眠っているとき、メーオの携帯が突然鳴った。
メーオは、その電話にすごく不機嫌に対応していたのだが、突然、ベットから飛び起き、話を真面目に聞きだした。
そして、電話を切った後、ちょっとおびえた感じで、私に抱きついてきた。

私は、「何があったの?」とメーオに尋ねた。
すると、メーオは、「Dちゃんが、暴行を受けて、大怪我をしたみたいなの・・・」と答えた。
私は、「どうしてそんなことになったの?」とメーオに尋ねた。
メーオは、「どうも、ママさんがやったみたい・・・」と言った。
私は、「ママさんの?」と、ちょっと話が飲み込めないでいると、またメーオの携帯が鳴った。
今度は、メーオもその電話に真面目に対応していた。
そして、電話を切るや否や、「カス、ここから逃げよう!」と言ってきた。
私は、「明日の朝一で、会社が契約しているマンスリーマンションに二人で移動しよう。」とメーオ言った。
しかしメーオは、「今すぐ逃げたいの!」と、パニックに近い状態に陥ったため、とにかく必要なものだけかき集め、車で黄金町のマンションから、二人して出て行った。
そして車の中で、何が起こっているのかをメーオから聞いた・・・

Dちゃんと言うのは、メーオの知り合いである。
あまり親しくは無いが、面識はあるようだった。
そしてそのDちゃんは、Xちゃんとはとても親しかった。
その関係上、Xちゃんの彼、いわゆるメーオの前のママさんの弟のこともよく知っていた。
恐らく、Xちゃん事件の事も、それなりに知っていたのだろう。

そこでメーオの前のママさんは、警察へ、自分の弟の情報がいかないように、どうやら、Dちゃんを痛めつけたようだった。
ひょっとしたら、痛めつけるだけではなく、本当に殺そうとしたのかもしれない・・・

今後、メーオの前のママさんがどのように動くのかわからないが、メーオとしては、「どんな小さな危険からも逃れたい。」という、防衛本能のようなものが働いたようだった。
私は、とにかく黄金町を離れ、東京にある、会社が契約しているマンスリーマンションに潜り込んだ。
そしてメーオに、「たとへ友達でも、どこにいるのか話してはいけない。」「私以外の電話に出てはいけない。」という事を約束させた。

警察の件がひと段落ついたと思ったら、メーオの前のママさんという新しい問題が発覚し、私たちは肉体的にも、精神的にも、ひどく疲れ切っていった・・・
別窓 | 黄金町崩壊編 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<限界 | 黄金町の天使 | 前門の虎>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。