FC2ブログ
売春・人身売買・麻薬・殺人・・・メーオと過ごした1年10ヶ月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
初めてのタイ女性
2007-07-11 Wed 00:25
初めて足を踏み入れた昼間の黄金町は、殺伐とした感じがした・・・



夜は、ピンクのネオンが点灯して妖しさを演出しているが、昼間は普通の路地裏だった。
こんな普通の昼の路地裏でも、男と女があんな事やこんな事をしていると思うと、不思議な気分になった・・・

昼間の黄金町は、情報どおり、アジア人女性が多かった。
女性のレベルは、夜と違い、1ランクダウンしたような感じだった。



しかし、中には、ビックリするような綺麗な女性もいた。



一通り黄金町を散策して、私は、とある東南アジア女性のお店の前で足を止めた。
肌は浅黒く、上向きの低めの鼻を持つ女性だった。
日本人の美的感覚から言えば、あまり綺麗じゃない部類に入ると思うのだが、その女性の笑顔に、とても魅力を感じてしまった。
そこで、意を決して、その女性と交渉に臨む事にしたのである・・・

東南アジアの女性と遊ぶのは、初めてだったので、多少ビビりながら交渉に臨んだのだが、料金・時間とも、ほぼ夜と同じだったので、私は即決で彼女にあがった。
しかし、彼女のサービスは、他の黄金町の女性と異なっていた・・・

黄金町は、金額が安い代わりに、サービスは必要最低限に限られている。
「脱いで、立たせて、入れて、抜く」
大雑把に言えば、これだけである。
しかし彼女は、一緒に横になり恋人的なムードを作ろうとするのである。
そして、まるで恋人達の Sex のような感じで、事を進めていくのである・・・

長い間、そういうシチュエーションから遠ざかっていた私は、いつも以上に興奮してしまった。
ただやりたいという望みで、この黄金町までたどり着いたのに、まったく人間とは自分勝手なものである・・・

いつも以上に興奮した私は、時間がたくさん残っているにもかかわらず果ててしまった。
早く果ててしまった私は、はずかしい気持ちになり、早くその店を出ようと思い、そそくさと洋服を着ようとしたのだが、彼女は、その行為をやめさせ、裸のままで抱きあって、時間いっぱいイチャイチャしてくれたのだ。
黄金町では、普通、果てれば、即さよならなのだが、彼女は違ったのである・・・

彼女とは、それ一回きりだったので、名前も聞かなかったのだが、彼女の事は今でも覚えている・・・

去り際に、彼女の国籍を聞くと、「タイカラキマシタ。」と、つたない日本語だったが、最高の微笑みも一緒に返してくれた・・・

もちろんそれは、営業スマイルなのは理解していたし、今まで遊んできた南米系女性も、屈託のない笑顔を見せてくれていたのだが、なぜか彼女の笑顔には心癒されるものがあった。
そのような事があり、私の心の中には、強烈に、「タイ」という言葉が刻み込まれてしまった・・・
別窓 | 私の話編 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<出会い | 黄金町の天使 | 日本のアムステルダム >>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 黄金町の天使 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。